親子関係のご相談

親子関係の相談です

明けましておめでとうございます。
開運道メール占術師の時田晏慈(あんじ)です。
新春第2弾は、よくある相談内容の一つ「親子関係」です。

フリー素材 家族 に対する画像結果

私も、気の強い母の元で育ち、現在二児の母親ですので、親の立場でも子の立場でもたくさん悩んできました。
その結果気付いたことは、一番大事なことは、家族とはいえ個人である事を各々が意識する事ではないか、ということです。
私の親・私の子ども・兄弟・祖父母、それぞれが家族であると同時に、その個人それぞれが自分の意思をもち、個人の尊厳をもつ人間ということ、これらは誰でも知っている常識で、今さら声を上げて言うべきことでもありませんが、つい感情に走ったときなどは忘れがちなので、あえてここで強調しておきます。
この気持ちさえ忘れなければ、家族間でのトラブル発生時でも、相手の立場に立って冷静に話し合いができて、無事に円満な解決に持ち込むことができます。その個人的人格を無視して、つい家族だからと相手に甘えてしまうと、感情的になってしまって言葉も短絡的になり、本来伝えたいことも伝わりづらくなります。
このようなケースに活用して役立つのが開運道独得の総合占術です。
家族それぞれの長所・短所など性質・性格全般が分かると、コミュニケーションの取り方を工夫する事ができて家族間の意思の疎通もうまくいきます。もちろん、一緒に暮らしているのですから、家族の性格はよく知っていると思っても、占いを用いてみると、今までに見えていなかった性格が発見できたり、なんだか合わないなと感じていた理由がわかったりします。
ここで実例を一つ挙げてみます。

  • フリー素材 反抗期 に対する画像結果

昨年の暮れに相談に来られた主婦・Hさん(昭和57年7月2X日生)のお悩みは、「今、中一の一人息子平成20年6月X日生まれ生)が小5の終盤頃から始まった反抗期が最近になって益々ひどくなり、そのせいで家庭内の雰囲気がすっかり悪くなってしまっている。」との事でした。
開運道式7項目相性を用いて鑑定してみると、お母様が火の質が7項目中3項目(九紫火星みずのえ戌年、九紫火星ひのと未月、坎(かん)宮傾斜)、お子様が水の質が7項目中3項目(一白水星つちのえ子年、五黄土星ひのと巳月、坎宮傾斜)という火と水の相反する相剋(そうこく)の関係でした。相剋というのは、お互いの特徴を殺し合ってしまう五行の悪い関係の組み合わせで。この場合は、お子さんの水が、お母さんの火の持つ明るい情熱的な性格に反発して反抗しているとも考えられます。
しかし、ここで気を付けなければならないのは、どこか一つを切り取って鑑定してしまわないことで、この場合でも傾斜は、母子ともに同じ「坎宮傾斜」ですから、お互いを理解して和解して本来の親子関係に戻ることも充分あり得るのです。
案の定、総合的に鑑定すると、母親は相性得点が5点(7点から小吉)で注意ですが、お子さんは7点で小吉、けっして悪い相性ではないことも分かります。
そのHさんも、お子さんがまだ小さいうちは親の言う事を聞いてくれていたが、小学校も高学年になると強く言ったり脅したりしても逆効果で、子どもの気持ちがどんどん離れていっているのがわかり、焦ってしまっていたと話していました。そんな時、お互いの性質で強く現れたのが火と水の関係で、親子関係がこじれてしまったと、私はみました。
占いを通して人をみると、人間の性質は複雑なので一言では表せません。状況や環境によって一つの性質が色濃く出てしまったりします。自分や家族の性質を把握して、良い人間関係を築いてゆくのが家庭円満の秘訣のような気がします。

-------------------
時田晏慈の「メール占い道しるべ」のご案内です。

用いる占術は、気学九星術、易、四柱推命、命名・姓名
判断など。占い相談の内容は、恋愛・結婚・離婚・再婚、
就職・転職・独立・開業、健康関連など、あらゆる分野の
相談に応じていますので、宜しければ下記要項を参考にお申込みください。
◆ 鑑定方法 「開運道総合開運術」
◆ メール鑑定料金「1件・5000 円」
◆ 支払方法 は次の2社でお願いします。「PayPay、楽天ペイ」。
◆ Email・・tokitaanji@yahoo.co.jp
◆ 鑑定をご希望の方は上記メールアドレスに
【鑑定希望】とだけ書いて送信下さい。
(注)この時点では支払いは発生しません。
◆必要項目記入のための詳細メールをご返信いたします。
不明の点はメールにてお気軽にお問い合わせください。
-------------------

元カレとの結婚についての相談です。

 

 明けまして おめでとうございます。
 本年も宜しくお願いします。

 開運道メール占術師の時田晏慈(あんじ)です。
 本年も宜しくお願い申し上げます。

  • フリー素材  丑年 に対する画像結果

 令和3年(2021)は「六白金星・辛丑(かのとうし)」年です。
 本年は、勤労意欲と正義感が強く、より健康で我慢強い人に幸運が重なります。
 本年最初の相談は、次のような「お悩みメール」です。

「1年ほど前に別れた元カレと、よりを戻すのがいいのか悪いのか相性鑑定とアドバイスをお願いします」
 以上のような相性鑑定依頼を、川崎市の会社員・N さん(女性・平成3年生まれ)からいただきました。
 Nさんは、一歳下の公務員の男性と結婚を前提に2年以上もお付き合いしていましたが、1年ほど前に、デートの

  • 約束場所の食い違いという些細なことで口論になって喧嘩別れになり、メールやラインにも返事がなく、電話しても忙しいから、と切られたりで、この半年の間は音信不通になって、連絡が途絶えていました。

 その間、Nさんは何人かの男性とお付き合いしましたが、つい元カレと比べてしまって、どの人とも長続きせず、また孤独な日日を過ごしていました。
 そんなある日、元カレからのメールで、「自分もわるかった。いろいろ考えた結果、われわれ二人はよりを戻して、すぐ結婚するのが一番という結論に達したのだが、異存は?」という主旨です。
 Nさんにも異存はありません。嬉しくてすぐ承諾をと思いながらも、友人の紹介で占い師の私を知り、彼との相性とアドバイスを求めてきたのです。
 このお二人をみたところ、女性は平成3年11月2x日生まれの「九紫火星かのと未年・五黄土星つちのと亥月・離宮傾斜で火の質、五行は木がありません。男性は、Nさんより1歳下の平成4年4月18日1x日生れで「八白土星みずの申年・九紫火星きのえ辰月・巽宮傾斜で木の質」、五行は木火土金水の全てを持ち、女性に欠ける社交性や人間関係に関わる木の質も二つあって、バランスのとれた人間性豊かな好青年とみました。

  • フリー素材  バラ に対する画像結果

相性得点は標準が7点(小吉)のところ、女性が15点、男性が17点の合計32点の中吉と、標準の14点を大きく超える良好な吉相性で、女性の欠点を男性が充分に埋めてます。
 これらの観点からみて私は、お二人を、お似合いのすてきなぺアーとして、直ちによりを戻しての結婚をお奨めしました。Nさんからのご返事メールでは、私のアドバイスに背中を押されて、数日後に彼と会って、結婚の約束をし、年明け早々、両家のご両親にお会いしたりして、話を進めるそうです。このメールを見て私は、Nさんと彼の幸せを確信しました。

 ----

 時田晏慈の「メール占い道しるべ」のご案内です。

 わたしは現在、メール専門の占術師として活動しております。
用いる占術は、気学九星術、易、四柱推命、命名・姓名
判断など。占い相談の内容は、恋愛・結婚・離婚・再婚、
就職・転職・独立・開業、健康関連など、あらゆる分野の
相談に応じていますので、宜しければ下記要項を参考にお申込みください。

◆ 鑑定方法 「開運道総合開運術」
◆ メール鑑定料金「1件・5000 円」
◆ 支払方法 は次の2社でお願いします。「PayPay、楽
天ペイ」。
◆ Email・・tokitaanji@yahoo.co.jp
◆ 鑑定をご希望の方は上記メールアドレスに 【鑑定希
望】とだけ書いて送信下さい。
(注)この時点では支払いは発生しません。
◆必要項目記入のための詳細メールをご返信いたしま
す。
不明の点はメールにてお気軽にお問い合わせくださ
い。
-------------------

相談内容「一年以内に結婚したいのですが・・・」

 メリー クリスマス!

 

 開運道メール占術師の時田晏慈(あんじ)です。
 これから、鑑定や占いに関するお話を綴ってまいりますので、よろしくお願い致します。
  今回は次のようなメールによる「お悩み相談」です。

「お付き合いして2 年になる彼と、今から1年以内に結婚したいのですが」

 以上のような鑑定依頼を、令和2年の7月にご近所のAさん(女性・平成8年生まれ)よりいただきました。
 この春からの新型コロナ禍にも関わらずAさんのお仕事(エステ店勤務)は、なんとか好調を持続中だったご様子です。
 生年月日は伏せますが開運道の皆さまであれば、「四緑木星ひのえ子年・九紫火星つちのえ戌月・離宮傾斜生まれ」、と七項目を提供すれば、Aさんの生月も特定できて、性格や適職も読めることから、Aさんが美容など美に関するお仕事が適職であることもご理解頂けると思います。
 それでもAさんは、お客さんや同業他社で働く友人などからの情報で、接客仕事の今後はコロナ禍が終息しない限りは先細りになるという予測を聞き、漠然とした将来への不安の解消と生活安定のために、今まで女性関係の多いのが嫌でためらっていた理髪店経営でバツイチの彼との結婚にふみきろうと心が動いているそうです。

 4歳上のその方の生年月日をお聞きして7項目の「八白土星みずのえ申年・六白金星ひのと未月・兌(だ)宮傾斜生まれ」で相性をみたところ、標準が各7点、合計14点で小吉の相性得点が、女性側が7点にはほど遠い3点で注意、男性がー3点の凶で合計0点の要注意、無理して結婚すべきお相手でもありませんので、その旨をお伝えしました。

 Aさんの本命星である四緑木星は、令和3年(令和3年2月3日~令和4年2月3日)は新たなスタートとなる東の震(しん)宮という位置に入り、その翌年の令和4年(令和4年2月4日~令和5年2月3日)は縁談整うの意味を持つ東南の巽(たつみ)の位置に入りますので、今から本気であらゆる伝手や手段を用いて婚活を始めれば、「かなりの確率で良縁に恵まれます」とお伝えしました。

これらの説明によって、Aさんは未来への希望を抱いて新たな婚活に向かってスタートするとおっしゃっていました。

 以上の鑑定で申し上げたように、四緑木星年生まれの方の愛情・結婚運は、来年以降から再来年にかけて徐々に良くなります。
 Aさんと彼との相性はお互いを補えるような相性ではなく、それとは逆に理解を深め合えない関係でしたから結婚はお奨めできませんでした。

 Aさんに、なぜ 1年以内に結婚したいのか伺うと、「コロナ騒ぎで孤独が不安なのと、周りの友人もほとんど結婚していますし、20代で結婚して子供を生むのが夢でした、と言っていましたが、これは今の若い独身女性の共通の認識のような気がします。

型コロナウイルスが発生する以前は独身女性の結婚願望が希薄だっただけにコロナ騒ぎが独身女性に与えた将来への不安は大きなものだったことがわかります。

 なお、私は家庭の事情もあって、メール専門の占術師として、活動しております。

いる占術は、気学九星術、易、四柱推命、命名・姓名判断など。占い相談の内容は、恋愛・結婚・離婚・再婚、就職・転職・独立・開業、健康関連など、あらゆる分野の相談に応じていますので、宜しければ下記要項を参考にお申込みください。

 --------

 時田晏慈の「メール占い道しるべ」のご案内です。


◆ 鑑定方法 「開運道総合開運術」
◆ メール鑑定料金「1件・5000 円」

◆ 支払方法 は次の2社でお願いします。「PayPay、楽天ペイ」。
◆ Email・・tokitaanji@yahoo.co.jp
◆ 鑑定をご希望の方は上記メールアドレスに 【鑑定希望】とだけ書いて送信下さい。
(注)この時点では支払いは発生しません。
◆必要項目記入のための詳細メールをご返信いたします。
 不明の点はメールにてお気軽にお問い合わせください。

 -------------------